建設業経理士・建設業経理事務士 試験合格講座 申込は実績のある九州建設専門学院(福岡)で!

九州建設専門学院

建設業経理士・建設業経理事務士 試験合格講座

0120-09-7611
教育訓練給付制度対象講座
閉じる
建設業経理士・建設業経理事務士 合格講座
建設業経理士・建設業経理事務士とは
資料請求 講座申込

建設業経理士・建設業経理事務士とは  建設業経理士・事務士は、建設業経理に関する知識と処理能力の向上を図ることで建設業の健全な発展に役立つ事を主な役割としています。
 平成18年の建設業法の改正により、国土交通大臣の登録経理試験制度が創立され、1級及び2級の検定試験が「建設業経理士検定試験」として年2回実施されるようになりました。
 それに伴って、1級の建設業経理士検定試験は、制度改正により1級科目合格に5年間の有効期限が設けられました。

1級建設業経理士  試験の内容は、「建設業原価計算、財務諸表、及び財務分析」で、試験の程度は「建設業簿記、建設業原価計算及び会計学を修得し、会社法その他会計に関する法規を理解しており、建設業の財務諸表の作成及びそれに基づく経営分析が行えること」とされています。

2級建設業経理士  試験の内容は、「建設業の簿記、原価計算及び会社会計」で、試験の程度は「実践的な建設業簿記、基礎的な建設業原価計算を修得し、決算等に関する実務を行えること」とされています。

3級建設業経理事務士  試験の内容は、「建設業の簿記、原価計算」で、試験の程度は「基礎的な建設業簿記の原理及び記帳並びに初歩的な原価計算を理解しており、決算等に関する初歩的な実務を行えること」とされています。

4級建設業経理事務士  試験の内容は、「簿記のしくみ」で、試験の程度は「初歩的な建設業簿記を理解していること」とされています。

1級及び2級経理士は、公共工事の入札に係る経営事項審査の評価対象となっています。
 また、3級及び4級の試験は「建設業経理事務士検定」として年1回実施されます。

お知らせ

平成30年度 1級・2級建設業経理士試験 実施日程

平成30年度 1級・2級建設業経理士試験 実施日程は下記の(財)建設業振興基金のホームページでご覧いただけます。
https://www.keiri-kentei.jp/

講座メニュー

メリット1 メリット2 メリット3
本学院では「映像を見せるだけの通学コース」は道義上開設しておりません。
通学コースとは本来「講師の先生から直接授業を受けるコース」だからです。