建設業経理士・建設業経理事務士 試験合格講座 申込は実績のある九州建設専門学院(福岡)で!全講座・全講習 生講義にて開講中


建設業経理士・事務士 試験講座

平成26年度 1級・2級 建設業経理士、3級 建設業経理事務士 合格講座

合格者累計10,000名を突破! 伝統と実績を誇る国家試験受験対策校。

■経営事項審査(経審)の評点が上がります

 公共工事の入札の際の審査基準となる経営事項審査(経審)に、建設業経理士の有資格者が評価対象となります。1級及び2級建設業経理士の資格は、公共工事の入札に係わる経営事項審査の加点対象となる為、建設関連企業の経理担当者には職務上重要なスキルです。

■会計処理のプロフェッショナル

 建設業経理士は、建設会社の経営を支える会計処理のプロフェッショナルとしての業務を行うことになります。建設業経理士の資格取得は、会社側にもメリットがあるばかりでなく、建設会社で働く人たちにも「建設業会計の専門家としてステップアップが図れる」、「経理以外の分野の人も仕事の幅が広がり、知識が増える」といったメリットを生み出します。

■建設業経理士の資格をとるメリット

 建設会社に勤務されている方は、簿記の延長上の試験である建設業経理士(建設業経理事務士)の資格をとることをオススメします。会社が要求する資格にも合致しています。
・建設業会計の専門家としてステップアップが図れる
・経理以外の分野の人も仕事の幅が広がり、知識が増える
・勤務先の建設会社が経営事項審査で有利
・建設業の会社では、日商1級よりも優遇

 建設業経理士検定は、業界の経理エキスパート資格としてはもちろんですが、日商簿記取得者のダブルライセンスや会計系上位資格(税理士・公認会計士等)へのステップとしても最適です。

■九州建設専門学院は他校とここが違います!

 九州建設専門学院は建設関連資格の専門校なので、建設簿記に強いベテランの講師陣が、初心者の方でも試験のポイントを的確に合格まで指導します。他の学校では講義自体があくまでも日商簿記をベースにおいているので1級になると指導力に限界があります。
 建設業という専門業種に必要な資格なので、その学校が業界に精通しているということと、講義内容レベルの高さが学校選びのポイントになります。

昭和55年創立以来の伝統と実績―九州建設専門学院の「合格講座」の特徴

◎西日本地区NO.1の合格率を誇っています。
◎全講座「生講義」を実行!通信コースも「生講義」のDVDが毎回届きます。
◎基礎からわかる万全のカリキュラムで、初心者の方でも安心して受講いただけます。
◎出題されるポイントを絞り、ムリ、ムダ、ムラのない最短距離をいく学習方法です。
◎質問にも年中無休(9:00~21:00)で対応しています。


1級建設業経理士 合格講座(原価計算)
講習会場 福岡本校(福岡市中央区天神1-3-38 九州建設専門学院 専用教室)
講習日程
講習内容
講義時間 10:00~12:30
4月26日(土)
5月24日(土)
5月31日(土)
6月7日(土)
6月14日(土)
6月21日(土)
6月28日(土)
7月5日(土)
ガイダンス
原価計算
工事原価の費目別計算①
工事原価の費目別計算②
工事原価の部門別計算
工事別原価計算
建設業に特有の論点
総合原価計算①
7月12日(土)
7月19日(土)
7月26日(土)
8月2日(土)
8月9日(土)
8月16日(土)
8月23日(土)
総合原価計算②
事前原価計算と原価管理
過去問題対策①
過去問題対策②
過去問題対策③
過去問題対策④
過去問題対策⑤
受講料 54,000円(1科目)(2科目:102,600円、3科目:153,300円)
通学コースの申込み通信コースの申込み

1級建設業経理士 合格講座(財務分析)
講習会場 福岡本校(福岡市中央区天神1-3-38 九州建設専門学院 専用教室)
講習日程
講習内容
講義時間 14:00~16:30
4月26日(土)
5月24日(土)
5月31日(土)
6月7日(土)
6月14日(土)
6月21日(土)
6月28日(土)
7月5日(土)
ガイダンス
財務分析とは
総論、財務分析の手法①
財務分析の手法②
財務分析の手法③
目的別財務分析
活動性分析
資金変動性分析①
7月12日(土)
7月19日(土)
7月26日(土)
8月2日(土)
8月9日(土)
8月16日(土)
8月23日(土)
資金変動性分析②
資金変動制分析③
過去問題対策①
過去問題対策②
過去問題対策③
過去問題対策④
過去問題対策⑤
受講料 54,000円(1科目)(2科目:102,600円、3科目:153,300円)
通学コースの申込み通信コースの申込み

1級建設業経理士 合格講座(財務諸表)
講習会場 福岡本校(福岡市中央区天神1-3-38 九州建設専門学院 専用教室)
講習日程
講習内容
講義時間 10:00~12:30
4月27日(日)
5月18日(日)
5月25日(日)
6月1日(日)
6月8日(日)
6月15日(日)
6月22日(日)
6月29日(日)
ガイダンス
財務諸表の基礎
損益計算書
貸借対照表①
貸借対照表②
貸借対照表③
貸借対照表④
キャッシュ・フロー計算書
7月6日(日)
7月13日(日)
7月20日(日)
7月27日(日)
8月3日(日)
8月10日(日)
8月17日(日)
8月24日(日)
JV会計、連結財務諸表
税効果会計、企業結合、外貨換算会計
リース会計、金融商品、減損会計
第1問対策(論点の捉え方、文章の書き方、他)
過去問題対策①
過去問題対策②
予想問題(第1問を中心に)
予想問題
受講料 54,000円(1科目)(2科目:102,600円、3科目:153,300円)
通学コースの申込み通信コースの申込み

2級建設業経理士 合格講座
講習会場 福岡本校(福岡市中央区天神1-3-38 九州建設専門学院 専用教室)
講習日程
講習内容
講義時間 14:00~16:30
4月27日(日)
5月18日(日)
5月25日(日)
6月1日(日)
6月8日(日)
6月15日(日)
6月22日(日)

6月29日(日)
ガイダンス
完成工事原価の計算
手形取引
原価計算・工事原価の費目別計算
原価計算・工事原価の費目別計算
現場共通費の部門別計算と予定配賦
工事原価計算と完成工事原価報告書
・株式会社の会計
株式会社の会計処理
7月6日(日)
7月13日(日)
7月20日(日)
7月27日(日)
8月3日(日)
8月10日(日)
8月17日(日)
8月24日(日)
諸取引の会計処理
固定資産の会計処理・財務諸表
総まとめ
過去問題対策①
過去問題対策②
過去問題対策③
過去問題対策④
過去問題対策⑤
受講料 47,600円
通学コースの申込み通信コースの申込み

3級建設業経理事務士 合格講座
講習内容
建設業簿記の特徴
仕分けについて(現金・預金)
仕分けについて(債権・債務)
手形取引・有価証券等の処理
完成工事原価のしくみ
試算表の作成・決算整理事項
損益計算書と貸借対照表・試算表
過去問題対策①
過去問題対策②
受講料 32,400円
通信コースの申込み

平成26年度上期 建設業経理士・事務士 試験日程(予定)


建設業経理士・事務士
願書販売開始 平成26年4月25日(金)
申込受付期間 平成26年5月10日(土)~5月31日(土)
試験日 平成26年9月7日(日)
合格発表 平成26年11月10日(月)

建設業経理士・事務士「合格講座」実施要綱

※受講生の方には受験願書を無料手配しています。
※天災地変等の理由により、日程が変更になる場合があります。
※受講料以外に、別途テキスト代が必要となります。入学手続き時にご案内いたします。
(テキスト代は、1級各科目と2級が2,160円ですが、別途送料がかかります。既に本講座と同じテキストをお持ちの場合はご購入の必要はありません。)